京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

センターについて

施設・沿革

沿革

1991年6月
世界文化自由都市推進検討委員会において、廣瀬量平委員が日本伝統音楽の研究施設の必要性を訴える。
1993年3月
新京都市基本計画「大学・学術研究機関の充実」の「市立芸術大学の振興」の項で、「邦楽部門の新設についても研究する」と言及。
1996年6月
京都市芸術文化振興計画「教育・研究機関の充実」で、日本の伝統音楽や芸能を研究・教育するための体制を整えることが提唱される。
1996年12月
京都市の「もっと元気に・京都アクションプラン」の「文化が元気」の項目に、伝統音楽研究部門の設置が位置づけられる。
1997年4月
実施設計費及び地質調査経費予算措置
1998年4月
施設建設費予算措置
1998年10月
施設建設着工(工期17ヶ月)
1999年9月
日本伝統音楽研究センター設立準備室を設置する(室長:廣瀬量平名誉教授)。
2000年2月
新研究棟竣工
2000年4月
京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター開設
廣瀬量平名誉教授が初代所長に就任
2000年12月
京都市立芸術大学新研究棟完成披露式挙行
2001年3月
開所記念シンポジウム「今、なぜ日本伝統音楽か」を開催
2001年3月
「日本伝統音楽研究センター所報」刊行開始
2002年3月
「日本伝統音楽資料集成」刊行開始
2004年3月
「日本伝統音楽研究」(紀要)刊行開始
2004年4月
吉川周平前教授が第二代所長に就任
2005年4月
図書閲覧室開設、図書の一般公開開始、収蔵資料データベースの一般公開開始
2005年5月
「日本伝統音楽研究センター研究叢書」刊行開始
2006年6月
「伝音セミナー」開始
2006年10月
「京都国際会議2006」開催、東洋音楽学会大会を開催
2007年8月
webサイトに「伝音アーカイブズ」開設
2007年12月
webサイトでSPレコード音源公開開始
2008年3月
「日本伝統音楽研究センター研究報告」刊行開始
2008年4月
久保田敏子前教授が第三代所長に就任
2008年5月
「でんおん連続講座」開始
2009年3月
公開講座記録CDの刊行開始
2010年3月
公開講座記録DVDの刊行開始
2010年11月
センター開設10周年記念事業「京の芸能に見る創造の可能性」開催
2012年4月
後藤静夫前教授が第四代所長に就任
2013年4月
本学大学院音楽研究科修士課程に「日本音楽研究専攻」を設置
2014年4月
時田アリソン前客員教授が第五代所長に就任
2018年4月
渡辺信一郎前京都府立大学学長が第六代所長に就任

施設

新研究棟6-8階(センター総面積 約1,500m2

6階
センター所長室、事務室、会議室、資料室、資料管理室、個人研究室
7階
合同研究室(2)、楽器庫、貴重資料庫
8階
個人研究室(5)、研究員室 (2)、視聴覚編集室、研修室 (2)

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ