京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成21年度 でんおん連続講座A
近世のうた本・浄瑠璃本の出版事情 -三味線音楽に親しむために-

平成21年4月8日水曜日~7月22日水曜日(全8回)

講師:
竹内有一

南座の顔見世や都をどり等を見に行くと、魅力的な三味線音楽に出会います。歌詞が難解だから親しみにくいと思ってしまうのは間違いです。近世の人々が気軽に読み眺めた、うたや浄瑠璃の詞章本・浄瑠璃本、番付、錦絵等のオリジナル史料を解読し、その背景を踏まえながら、三味線音楽の成り立ちやあり方について考えてみましょう。
講義は毎回、1)教科書の講読と解説、2)史料の解読実習、で進めます。後者は詞章本の変体がなの解読を中心に行いますが、初めてのかたでも大丈夫です。解読した詞章を声に出したり、ビデオ等を用いた鑑賞も行います。
なお、自由参加のオプショナルツアーとして、歌舞伎または舞踊の鑑賞会(費用は別途各自負担)を1~2回行う予定です。

開講日程
4月 8日 歌舞伎の音楽― 近世芸能の主役・わき役 ―
22日 うたや浄瑠璃の「詞章」は必ず出版される ― 声が主役 ―
5月 13日 「楽譜」は必ずしも出版されない ― 口伝と書伝 ―
27日 「版木」をどう使ったか ― ベストセラーズとしての詞章本 ―
6月 10日 出版史との関わり
24日 顔と形で判断する ― 歌舞伎音楽の詞章本 ―
7月 8日 興行と出版のタイアップ ― 歌舞伎の番付と錦絵 ―
22日 稽古本出版の意義 ― 浄瑠璃とせりふ ―

*変体がなの解読実習に用いる曲目例: 上方歌「京の四季」「ゆかりの月」、歌舞伎音楽「うつぼ猿」「将門」「流星」「勧進帳」など

教科書 竹内有一編『詞章本の世界-近世のうた本・浄瑠璃本の出版事情-』
京都市立芸術大学(2008年)/ 700円 (会場にて頒布予定)
開催日
平成21年4月8日水曜日~7月22日水曜日(全8回)
時間
午後6時20分から午後7時50分
講師
竹内有一
会場
キャンパスプラザ京都
(京都市下京区西洞院通塩小路下る)
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
電話075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2009年02月16日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ