京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成21年度 でんおん連続講座B
近代における諸芸・雑芸の音楽的エッセンス

平成21年4月17日金曜日~7月17日金曜日(毎回金曜日・全10回)

講師:
今田 健太郎・寺田 真由美

芸能において私たちを面白がらせるエッセンスはどこにあるのでしょうか。能、歌舞伎あるいは文楽など、近世以前に確立して専用劇場にておこなわれる芸能では、さまざまな角度から面白さを見いだすことができます。
それに対して、寄席や大道など劇場の外においておこなわれた雑多な芸能では、面白いエッセンスは数少なくても、それを先鋭化させることで人々の気をひくものが数多くありました。それらはまた、素人でも工夫すれば演じることのできるアクセスのよさがあることから、セミプロの参加や宴会芸への展開をともなっています。
この連続講座では、音楽的に面白がらせるエッセンスにしたがって、近代の諸芸・雑芸を読み解いていきます。これは過去と同時に現在の芸能を観察、評価する目を養うことにもなると考えます。

開講日程
4月 17日 イントロダクション
24日 超絶技巧(1)  例:早口言葉(外郎売り)
5月 15日 超絶技巧(2) 例:三味線曲弾
22日 尽くしもの(1) 例 : あほだら経の貝尽くし
29日 尽くしもの(2) 例 : 古今東西、魚鳥木
6月 12日 数え歌(1) 例 : 一つとせ、お遍路などの社寺めぐり
19日 数え歌(2) 例 : 鉄道唱歌
7月 3日 囃子ことばオチ(1) 例 : 東雲節、オッペケペー
10日 囃子ことばオチ(2)例 : 宮さん宮さん
17日 空耳とナンセンス 例 : カンカンノー、東京節、キンライ節
開催日
平成21年4月17日金曜日~7月17日金曜日(毎回金曜日・全10回)
時間
午後1時~午後2時30分
講師
今田 健太郎・寺田 真由美
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2009年02月16日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ