京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成21年度 でんおん連続講座C
能をよりよく鑑賞するための音楽演出面のポイント

平成21年10月7日水曜日~12月9日水曜日(毎回水曜日・全10回)

講師:
藤田隆則

室町初期に成立した能は、現在でもよく演じられて いますが、1時間以上の長さの力のこもった演技をよりよく受けとめる ためには、鑑賞のポイントありかをしっかり意識しておくことも大切で す。
この講座では、一番の能の音楽演出面のポイントを、10回に わたって解説します。鑑賞歴は長くても、なかなかわかった気にならな いと感じておられる方、ぜひ受講してください。
また、能を生んだ中世 の芸能史を深く知るためにも、午後の講義とセットで受講されることを おすすめします。

開講日程
10月 7日 はじめに ― もっとも重要なのは謡の文句である
14日 人物は囃されて登場する ― 囃子と音楽と
21日 人物の「名のり」、一曲の「次第」
28日 「さし声」「詞」 ― 吟誦・朗誦・詠唱
11月 4日 「拍子不合」と「拍子合」の交替
11日 「問答」「物語」から仕方話へとうつるシテ
18日 物語の展開をもりあげる、囃子と地謡の存在
25日 シテは方角と景物を指し示す ― 能の主役は場所である
12月 2日 シテが立ち上がり歩行する ― 舞と働き
9日 おわりに ― 物語の結末と祝言
開催日
平成21年10月7日水曜日~12月9日水曜日(毎回水曜日・全10回)
時間
午前10時40分~午後0時10分
講師
藤田隆則
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
電話075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2009年02月16日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ