京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成22年度 でんおん連続講座C
謡を朗読する~能をたのしく鑑賞するための準備~(後期)

平成22年10月6日水曜日~12月15日水曜日(毎回水曜日・全10回)

講師:
藤田隆則

室町時代に成立した能は、現在でもよく演じられていますが、1時間以上の長さの力のこもった演技をよりよく受け止めるためには、鑑賞のポイントをしっかり意識しておくことも大切です。
この講座では、毎回1番の能の音楽演出上のポイントを解説した後、能の基本である「謡(うたい)」のテキストをみなで朗読します。鑑賞暦は長くても、なかなかわかった気にならないと感じておられる方、日本を代表する文化の一つをより身近に感じたいと思っておられる方、ぜひ受講してください。なお、前期と曲目を差し替えて進めます。

開講日程
10月 6日 はじめに
― もっとも重要なのは謡の文句であるー
13日 人物は囃されて登場する
20日 人物の「名のり」、 曲の「次第」
27日 「詞」から「さし声」へ(吟誦から朗誦へ)
11月 10日 「拍子不合」と「拍子合」の歌の交替
17日 「問答」「物語」から仕方話へとうつるシテ
24日 シテは立ち上がる ― シテの「歩行」と「仕舞」とー
12月 1日 シテは方角と景物を指し示す
― 能の主役は場所である―
8日 シテが働く・ シテが舞う
15日 おわりに ― 物語の結末と祝言ー
開催日
平成22年10月6日水曜日~12月15日水曜日(毎回水曜日・全10回)
時間
午前10時40分~午後0時10分
講師
藤田隆則
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
50名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2010年03月10日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ