京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成22年度 でんおん連続講座D
新民謡の世界 『新しさ』とは?『民謡』とは?

平成22年10月6日水曜日~11月10日水曜日(毎回水曜日・全5回)

講師:
齋藤 桂

大正から昭和にかけて「新民謡」と呼ばれるジャンルの音楽が非常に流行しました。今日《ちゃっきり節》や《東京音頭》といった楽曲をその代表として思い浮かべる方も多いことと思います。しかし近代日本の音楽史・文学史をみると、流行歌・芸術歌曲・詩など、あまりにもたくさんのものが新民謡と呼ばれており、統一した定義を与えるのが不可能とすら思えます。そのため、改めて新民謡とはどんなジャンルだったのか、と考えてみると、なかなかこたえるのが難しいものでもあります。しかしその雑多な状態は、当時の人々が「新しさ」とは何だろうか、「民謡」とは何だろうか、という問題に頭を悩ませて、様々に答えを出した結果であるともいえるでしょう。

開講日程
10月 6日 はじめに ~新民謡の誕生まで
13日 文学としての新民謡
20日 音楽としての新民謡
27日 様々な新民謡運動
11月 10日 まとめ ~世界の新民謡
開催日
平成22年10月6日水曜日~11月10日水曜日(毎回水曜日・全5回)
時間
午後1時~午後2時30分
講師
齋藤 桂
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
50名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
3,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2010年03月10日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ