京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成23年度 でんおん連続講座D
『かっぽれ』の謎を解き、踊る

平成23年9月20日火曜日(午前・午後)、9月27日火曜日(午前・午後)、10月4日火曜日(午前・午後)

講師:
竹内有一

幕末から近現代の芸能史・音楽史や録音資料において、しばしばその名が登場する「かっぽれ」。なぜ、陽気で愉快な芸能とされるのか、なぜ、たくさんのジャンル・メディアを横断したのか、なぜ、東郷元帥の国葬中継で放送されてしまったのか…。
数々の謎を解き明かす作業を通じて、西洋化・近代化と伝統的・古典的なものとの対峙という図式に収めてしまうことのできない、近現代の音楽文化の特色と本質を捉え直してみましょう。最終日にゲストを招いて、かっぽれの身体表現を体感します。

ゲスト講師:林家染雀(10月4日のみ)(上方落語協会)

開講日程
第1・2回
9月20日
午前 「かっぽれ」への視座
―民謡・歌舞伎・ジャズ・森繁久弥ほか―
午後 ルーツを検証する
―紀州民謡・鳥羽節ほか―
第3・4回
9月27日
午前 梅坊主「元祖カツポレ」
―暢気社会を驚かせてやろう―
午後 陸軍編曲の影響と波紋
―吉川説を洗い直す―
第5・6回

10月4日

午前 近現代の寄席芸への展開
午後 さあ、みんなで踊ってみましょう!
(林家染雀)
開催日
平成23年9月20日火曜日(午前・午後)、9月27日火曜日(午前・午後)、10月4日火曜日(午前・午後)
時間
午前10時40分~午後12時10分, 午後1時~午後2時30分
講師
竹内有一
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
3,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2011年06月09日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ