京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成23年度 でんおん連続講座E
浄瑠璃の『語り』(常磐津節)を体験する

平成23年10月7日、14日、21日、28日、11月4日、11日 (毎回金曜日・全6回)

講師:
竹内有一(常磐津若音太夫)

浄瑠璃というと、難しい、わからない、と思われがちですが、江戸時代の庶民と同じように、台本(浄瑠璃正本)を声に出して試行錯誤してみると、その面白さが体験できます。
京都生まれの常磐津文字太夫が延享4(1747)年に創流した、江戸の歌舞伎浄瑠璃(常磐津節)の名作を通じて、歌舞伎とその浄瑠璃に実践的に親しんでみましょう。
江戸時代の稽古本(変体仮名の版本)をテキストに用い、最終回に招くゲスト(常磐津節三味線方)とともに、一つの作品として仕上げることを目標とします。

開講日程
10月 7日 常磐津節の歴史と特色―歌舞伎と浄瑠璃―
14日 「うつぼ猿」予習
―狂言から歌舞伎・浄瑠璃へ―
21日 「うつぼ猿」語りのワークショップ 1
28日 「うつぼ猿」語りのワークショップ 2
11月 4日 「うつぼ猿」語りのワークショップ 3
11日 「うつぼ猿」語りのワークショップ 4
(ゲスト講師とともに)
開催日
平成23年10月7日、14日、21日、28日、11月4日、11日 (毎回金曜日・全6回)
時間
午前10時40分~午後12時10分
講師
竹内有一(常磐津若音太夫)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
3,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2011年06月09日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ