京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成23年度 でんおん連続講座F
古代中世の雅楽‐古楽譜から読み解く古代大陸の歌謡的旋律

平成23年11月18日、11月25日、12月2日、12月9日、12月16日(毎回金曜日・全5回)

講師:
田鍬智志

こんにちの雅楽では、旋律楽器の篳篥・横笛に対して、笙・箏・琵琶は伴奏楽器といえます。ところが、古代中世の文学・記録に目をやると、箏や琵琶を単独で弾く場面が随所にみられます。 “伴奏のみ”を鑑賞する慣習などあったのか?国内外の研究によると、当時の雅楽は1曲あたり演奏時間が現在よりもはるかに短く、全楽器が旋律を奏していたといいます。現在の雅楽とはまったく趣の異なる古代中世の雅楽、それはどのような調べであったのかを講義を通じて検証します。

開講日程
11月 18日 こんにちの雅楽
25日 古代中世の物語などに描かれた箏・琵琶の演奏場面
12月 2日 箏・琵琶などの”伴奏”に秘められた古代大陸の歌謡的旋律
9日 古代中世の楽譜を解読して演奏してみる~唐楽篇
16日 古代中世の楽譜を解読して演奏してみる~高麗楽篇
(各回の講義内容は、若干変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。)
開催日
平成23年11月18日、11月25日、12月2日、12月9日、12月16日(毎回金曜日・全5回)
時間
午前10時40分~午後12時10分
講師
田鍬智志
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
50名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
3,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
電話075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2011年06月09日   最終更新: 2018年03月21日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ