京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成23年度 でんおん連続講座G
絵画史料と文献からさぐる『詩歌管絃』再考-聴こえない音から何が読みとれるのか-

平成24年2月1日水曜日~2月15日水曜日(毎回水曜日・全6回)

講師:
三島暁子

雅楽は都(みやこ)を象徴する貴族文化の一つとして、「詩歌管絃」の語はあまりにも有名です。「詩歌管絃」といえば『紫式部日記絵詞』の一場面―時の権力者藤原道長が寝殿造りの釣殿に佇み、池に浮かべた管絃の船(龍頭鷁首:りゅうとうげきしゅ)を眺める様を描く―を思い浮かべる方も多いことでしょう。では、「詩歌管絃」とはどのような営みであったでしょうか。あらためて「詩歌管絃」に注目し、よく知られた絵画史料や、雅楽の歴史を知るうえで重要な文献を使いながら、聴こえない音からどんなことが読みとれるのかを考えます。「管絃」=「管弦」ではない点、天皇以下の貴人が楽器を奏した意味など、文化史における雅楽の役割について取り上げる講座です。

開講日程
2月1日 第1回
(午前)
さまざまな雅楽の史料
第2回
(午後)
「詩歌管絃」という文化
2月8日 天皇家と雅楽
第3回
(午前)
順徳天皇と『中殿御会絵巻』
第4回
(午後)
三千院御懺法講をさかのぼれば
2月15日 将軍家と雅楽
第5回
(午前)
笙を奏した足利尊氏
第6回
(午後)
舞楽「青海波」をめぐって
開催日
平成24年2月1日水曜日~2月15日水曜日(毎回水曜日・全6回)
時間
午前10時40分~午後12時10分, 午後1時~午後2時30分
講師
三島暁子
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
50名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
3,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2011年07月21日   最終更新: 2018年03月22日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ