京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成25年度 でんおん連続講座A
義太夫節の音楽としてのしくみを理解する

平成25年5月8日水曜日~7月10日水曜日(期間内の毎週水曜日・計10回)

講師:
山田智恵子

人形浄瑠璃文楽の音楽である義太夫節は、近年まで多くの人々にとって身近な音楽でした。しかし現在は、耳慣れない、長ったらしい、何をいっているかわからない、共感するにはほど遠いと感じる人が多くなっているのではないでしょうか。
そこでこの講義では、ことば(詞章)と関係に着目し、音楽としての義太夫節にスポットを当てます。今年度は「仮名手本忠臣蔵」を取り上げ、詞章を音読した後、実際の演奏を聴いていきます。
七五調の言葉のリズムや、発音の実際と義太夫節の音楽表現を体感することで、一つひとつのことばが、いかに巧みに音の世界で表現されているかを理解し、文楽を耳からも楽しめるようになることを目指します。

開講日程
5月 8日 「仮名手本忠臣蔵」初演と現行文楽テキストの成立過程
ゲスト講師 神津武男氏
15日 「大序」のテキスト音読と音楽 その1
22日 「大序」のテキスト音読と音楽 その2
29日 「道行旅路の嫁入り」のテキスト音読と音楽 その1
6月 5日 「道行旅路の嫁入り」のテキスト音読と音楽 その2
12日 文楽「道行旅路の嫁入り」を見る
19日 「九段目山科閑居の段」のテキスト音読と音楽 その1
26日 「九段目山科閑居の段」のテキスト音読と音楽 その2
7月 3日 「九段目山科閑居の段」のテキスト音読と音楽 その3
10日 「九段目山科閑居の段」のテキスト音読と音楽 その4

詳細決まり次第掲載いたします。

開催日
平成25年5月8日水曜日~7月10日水曜日(期間内の毎週水曜日・計10回)
時間
午後1時~午後2時30分
講師
山田智恵子
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
50名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2013年03月06日   最終更新: 2018年03月24日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ