京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成27年度 でんおん連続講座B
性と役を語り分ける―常磐津節「うつぼ猿」実践入門―

平成27年6月9日~7月28日(期間内の毎週火曜日・全8回)

講師:
常磐津若音太夫(竹内有一)( 日本伝統音楽研究センター准教授)

京都生まれの初世常磐津文字太夫が創始し江戸歌舞伎で大成させた常磐津節。作品研究を通じ、常磐津節の特徴である「せりふ」を語り分ける楽しみ、三味線との「間合い」、表現の鍵となる作品の構成や旋律を意識しながら、試演会を目指します。初心者を対象とします。三味線も体験できるよう配慮しますが、楽器の数により希望に添えない場合もあり ます(希望者は撥など計3000 円程度の実費要)。

開講日程
6月 9日 作品研究とワークショップ1
16日 作品研究とワークショップ2
23日 作品研究とワークショップ3
30日 作品研究とワークショップ4
7月 7日 通し稽古1
14日 通し稽古2
21日 試演会
28日 まとめ
開催日
平成27年6月9日~7月28日(期間内の毎週火曜日・全8回)
時間
午後1時00分~午後2時30分
講師
常磐津若音太夫(竹内有一)( 日本伝統音楽研究センター准教授)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
定員
20名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
5,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2015年03月19日   最終更新: 2018年03月25日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ