京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

でんおん連続講座

平成27年度 でんおん連続講座F
平安末期の雅楽―藤原師長の琵琶譜『三五要録』と箏譜『仁智要録』を弾くー

平成27年3月18日金曜日, 3月19日土曜日

講師:
田鍬智志(日本伝統音楽研究センター准教授)
共演:増田真結(本学非常勤講師[作曲]、当センター共同研究員)ほか

雅楽は、平安前期に様式が確立したといわれていますが、中世以前のあらゆる資料から垣間見える音楽は明らかに現行とはかなり様子が違います。こんにちの雅楽では、箏・琵琶は伴奏楽器となってしまっていますが、平安末期や鎌倉期の時点では、旋律楽器であったと考えざるをえません。平安末期の大音楽家、藤原師長は、琵琶譜『三五要録』と箏譜『仁智要録』を編纂し、院政期音楽資料の金字塔となっています。平成22年度「『仁智要録』を弾く・聴く」につづいて、今回は師長の琵琶譜にもスポットをあてます。

開講日程
3/18 第1回
会場:
合同研究室1
(10:30~16:00、昼休憩含む)
① こんにちの雅楽と平安末期・鎌倉期雅楽の音楽様式

②藤原師長の生涯と『三五要録』『仁智要録』

③ 『三五要録』『仁智要録』にみる大曲 │楽曲構成と構造│

3/19 第2回
会場:
大学会館ホール
(13:00~90分程度)
『三五要録』『仁智要録』コンサート
―大曲を弾く―

・皇帝破陣楽 全曲

・桃李花 全六帖

・萬秋楽 全曲

・春鶯囀 全曲

*第2回のみの受講申込みはできません。曲目は予告なく変更させていただく場合がございます。

開催日
平成27年3月18日金曜日, 3月19日土曜日
時間
第1回:午前10時30分~午後4時00分, 第2回:午後1時00分~90分程度)
講師
田鍬智志(日本伝統音楽研究センター准教授)
共演:増田真結(本学非常勤講師[作曲]、当センター共同研究員)ほか
会場
第1回:京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
第2回:京都市立芸術大学 大学会館ホール
定員
30名(先着順で定員になり次第締切)
申し込み
必要
参加費
2,000円
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
電話075-334-2204
問い合わせフォーム

公開: 2015年08月19日   最終更新: 2018年03月26日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ