京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

展観ギャラリー

展観ギャラリー
図形楽譜-日本音楽と西洋音楽-

平成26年10月2日〜平成27年3月19日

イメージ:加茂

音楽や音曲には決まったかたちがあります。そのかたちを的確に伝えていくための中心になるのは、口移しによる伝承ですが、日本の伝統音楽では、伝承の補助として、音のかたちを表わす空間的な図形が用いられてきました。ここでは、仏教の声明の楽譜、能の謡の譜である謡本、義太夫節の床本と三味線の稽古本、筑前琵琶の楽譜を展示します。

一方、五線譜などの規範的な楽譜を発達させてきた西洋音楽の世界では、二十世紀になって、五線譜以外の様々な記譜法が試みられるようになりました。ここでは、アメリカの作曲家、ジョン・ケージと日本の作曲家、武満徹の図形楽譜をとりあげて、解説します。

本展示ではスマートフォン等wi-fi対応機器で見られる、展示をさらに楽しめるコンテンツを用意していますので、是非ご利用ください。機器をお持ちでない方は、貸出機器がありますので、6階閲覧室にお尋ねください。

開催日
平成26年10月2日〜平成27年3月19日
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
7階展示ケース
申し込み
不要

公開: 2014年10月02日   最終更新: 2018年04月02日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ