京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

展観ギャラリー

展観ギャラリー
『郷土研究 上方』の表紙絵展

平成27年4月6日〜8月13日

イメージ

『郷土研究 上方』は昭和6年(1931)1月から昭和19(1944)年4月まで刊行された雑誌です。大阪を中心とした上方の風俗・習慣・文芸・芸能などさまざまなジャンルの論考を掲載しており、上方文化を知る上での必読の書ともいえます。
『郷土研究 上方』は編集者の南木芳太郎の情熱により刊行されていました。その内容はもちろんのこと、表紙にまでこだわりが感じられます。表紙は主に大阪の祭礼や神社仏閣、風景などが木版画で描かれているのですが、それは印刷ではなく木版画そのものを1枚ずつ貼り付けたものになっています。今回はこの表紙をすべてご覧いただきます。そのうち芸能に関するものなど、一部をピックアップして紹介いたします。
今回展示する『郷土研究 上方』は当センターの前所長、後藤静夫名誉教授より全号を御寄贈いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

開催日
平成27年4月6日〜8月13日
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
7階展示ケース
申し込み
不要

公開: 2015年04月01日   最終更新: 2018年03月23日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ