京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

その他の催し物

所長サロン シリーズ2015 「海外の研究者と実践者による日本伝統音楽」
第4回  講師 ポール・キクチ「自作を語る:Bat of No Bird Island (2013)、大比礼 (2015)」
Director's Salon 2015 Series

平成27年6月18日(木)

講師:
ポール・キクチ(作曲家)

お弁当を食べながらお話を聞きましょう!

所長:時田アリソン

「自作を語る:Bat of No Bird Island (2013)、大比礼 (2015)」

日本の伝統音楽は、日本人の想像する以上に海外の様々な地域・国で演奏や研究されています。
このシリーズでは海外における日本音楽の普及に長年努めて来られた世界各地の様々な方にお話をお伺いします。

内容

今回は、現在京都にてプロジェクト進行中のポール・キクチ Paul Kikuchi氏(作曲家)に自作をご紹介していただきます。

ポール・キクチ Paul Kikuchi(作曲家) 
シアトル在住。打楽器奏者、作曲家、サウンドアーティスト。
http://www.paulkikuchi.com/

室内楽から実験的なジャズまで幅広いスタイルの音楽を手掛け、場所と素材の特質、意識と意図の違い、歴史や経験、認識も合わせて考察して、作曲に取り組んできた。現在のプロジェクトは、祖父ゼンキチ・キクチの回想録と、SPレコード・コレクションに基づく連作歌曲集である。また日本の歴史や音楽(雅楽や演歌)、紙漉き(和紙)、ゼンキチが生きた時代や場所の徹底的なリサーチにも取り組んでいく予定である。それは、最終的には、オリジナル楽曲の作曲のほか、自身が発掘したり発見したものを、祖父のレコード・コレクションと合体させ、“再想像”した産物に結実するだろう。

This is an informal series of conversations to be held during lunchtime. You are welcome to bring your lunch and eat while listening!

開催日
平成27年6月18日(木)
時間
午後0時15分~午後1時00分
講師
ポール・キクチ(作曲家)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開: 2015年05月12日   最終更新: 2018年04月09日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ