京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

その他の催し物

所長サロン シリーズ2016 「日本音楽の将来」
第8回  講師 大谷祥子
Director’s Salon 2016series What is the future of Japanese Music?

平成28年11月24日(木)

講師:
大谷祥子(生田流箏曲家・三弦奏者)

お弁当を食べながらお話を聞きましょう!

所長:時田アリソン

今回は、大谷 祥子ŌTANI Shōko先生(生田流箏曲家・三弦奏者)にお話をお伺いします。


大谷 祥子 ŌTANI Shōko
筝曲家。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。第5回賢順記念全国コンクール1 位。平成13年度文化庁インターンシップ研修生。京都大学文学部聴講生のかたわら、仏教音楽研究、日仏音楽交流事業に携わる。平成21年4月には野村萬斎主 演演出、野村万作等出演の「六道輪廻」舞台音楽企画京都・大阪・東京公演に出演。平成25年度文化庁芸術祭新人賞受賞。古典邦楽のみならず、様々なジャンルのアーティストと共演し、全国でコンサート活動を展開。 現在、本願寺裏方、一般財団法人本願寺文化興隆財団参議、吉崎御坊蓮如上人記念館館長として蓮如の教えを現代に活かす心の道を説く活動を行っている。 京都の若手芸術家池坊由紀・笹岡隆甫や武者小路千家等とともに、京都市「DO YOUKYOTO?」大使(京都市主催)としても活動中。ジャポニスム振興会副会長。

This is an informal series of conversations to be held during lunchtime. You are welcome to bring your lunch and eat while listening!

開催日
平成28年11月24日(木)
時間
午後0時15分~午後1時00分
講師
大谷祥子(生田流箏曲家・三弦奏者)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開: 2016年11月10日   最終更新: 2018年04月09日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ