京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

その他の催し物

所長サロン シリーズ2016 「日本音楽の将来」
第7回  講師 趙 維平 ZHAO Weiping
Director’s Salon 2016series What is the future of Japanese Music?

平成28年10月27日(木)

講師:
趙 維平 (上海音楽学院教授)

お弁当を食べながらお話を聞きましょう!

所長:時田アリソン

今回は、趙 維平 ZHAO Weiping 先生にお話をお伺いします。


趙 維平 ZHAO Weiping
1957年、上海生まれ。上海音楽学院卒業後、文部省招待留学生として大阪教育大学大学院に進学、修士学位を収得、1997年に大阪大学大学院博士課程修了、博士(芸術学・音楽)を習得。1999年より上海音楽学院に勤務、現在同大学音楽学部長。
日本音楽史を研究対象とし、日中、東アジア圏での比較もされており、その研究業績は中国語、日本語、英語で数多く出版され、国際的に高く評価されている。
今回、日本伝統音楽研究センターの招聘にて来日。趙氏の研究テーマである日本の雅楽と中国の雅楽・東アジアとの比較について意見交換及び講演を行い、日本伝統音楽の研究発展に寄与するとともに今後の両国の研究、そして伝統音楽教育の方向性や協力体制等を検討する。

This is an informal series of conversations to be held during lunchtime. You are welcome to bring your lunch and eat while listening!

開催日
平成28年10月27日(木)
時間
午後0時15分~午後1時00分
講師
趙 維平 (上海音楽学院教授)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当 お電話:075-334-2204 問い合わせフォーム

公開: 2016年10月12日   最終更新: 2018年04月09日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ