京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

平成22年度 第3回伝音セミナー
日本の仏教における声明の伝承と楽譜

平成22年7月1日木曜日

講師:
藤田 隆則(本学日本伝統音楽研究センター准教授)

日本の仏教寺院には、日頃よく耳にふれる読経のほかにも、讃、偈、伽陀など音楽的に高度な様式をそなえた声明が伝承されていますが、伝承を正確におこなうべく、様々なかたちの楽譜が工夫されてきました。このセミナーでは、日本を代表する仏教声楽の種目とその楽譜の大まかな読み方を、いくつかの歴史的音源とあわせて紹介しつつ、世界に誇る日本の無形伝承の豊かさのいったんを示したいと思います。

開催日
平成22年7月1日木曜日
時間
午後2時30分~午後4時30分
講師
藤田 隆則(本学日本伝統音楽研究センター准教授)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
電話075-334-2204

公開:2010年03月25日  最終更新:2018年03月29日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ