京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

平成22年度 第5回伝音セミナー
浪曲のいろいろ

平成22年10月7日木曜日

講師:
後藤 静夫(日本伝統音楽研究センター教授)

手軽な大衆芸能として、戦前戦後一世を風靡した感のある浪曲も、若者達のさまざまな音楽実践や、カラオケの流行等に押され、ほとんど消滅寸前の状態となりました。 しかし説経節や祭文、チョンガレ節等の長く、根強い伝統を踏まえ、時々の流行・好みを柔軟に取り入れ、大衆が理解し共感しやすい価値観・倫理観を、わかりやすい詞章と変化に富んだ節付で展開する浪曲は、簡単に消え去ることはなく、じわじわと復活の兆しを見せています。関東節、関西節、中京節といった地域性も指摘され、その魅力は一声・二ふし・三啖呵(せりふ)とも云われます。 今回は、幅広く奥深い浪曲の世界を、限られた時間と音源で聞いていただきます。

開催日
平成22年10月7日木曜日
時間
午後2時30分~午後4時30分
講師
後藤 静夫(日本伝統音楽研究センター教授)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
お電話:075-334-2204

公開:2010年09月13日  最終更新:2018年03月29日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ