京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

平成30年度 第5回伝音セミナー
無声映画からトーキー映画初期~伝統音楽との関わり

平成30年11月1日木曜日

講師:
竹内  直(日本伝統音楽研究センター非常勤講師)
白井 史人(日本学術振興会特別研究員)
長門 洋平(京都精華大学他非常勤講師)

日本の映画と伝統音楽は無声映画の時代から深く関わっています。実際、無声映画の時代には、伴奏音楽の中に邦楽器が頻繁に使われていました。きわめて新しいメディアであった映画のなかに、伝統的な楽器や語法が入り込み、映像と組み合わされることで何が生じたのでしょうか。本セミナーは、無声映画の伴奏音楽の調査・復元に取り組まれている白井史人氏と映画における音響について多数の論考を発表されている長門洋平氏をゲストに招き、無声映画からトーキー映画初期の時代に伝統音楽がどのように関わったのかについて、事例をもとに紐解いていきます。

開催日
平成30年11月1日木曜日
時間
14時40分〜16時10分
講師
竹内  直(日本伝統音楽研究センター非常勤講師)
白井 史人(日本学術振興会特別研究員)
長門 洋平(京都精華大学他非常勤講師)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2018年10月04日  最終更新:2018年10月10日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ