京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

平成30年度 第8回伝音セミナー
人情と刃傷 ── 音で知る「股旅もの」

平成31年1月10日木曜日

講師:
齋藤 桂( 日本伝統音楽研究センター講師)

1920 年代後半、「股旅もの」というジャンルが現れます。仁義に篤い、博徒のようなならず者を主人公に、その流浪や人情を描いたもので、演劇に始まり、小説、映画、講談、浪曲、流行歌と様々な形態で作られ、人気を博しました。現代もなお多くの作品が登場しています。本セミナーは、この「股旅もの」にまつわる音楽を聴きながら、このようなアウトローの物語・音楽に人々が共感する背景を探っていきます。

開催日
平成31年1月10日木曜日
時間
14時40分〜16時10分
講師
齋藤 桂( 日本伝統音楽研究センター講師)
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 お電話:075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2018年10月04日  最終更新:2018年10月10日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ