京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究報告

民俗芸能における神楽の諸相
日本伝統音楽研究センター研究報告4


吉川周平編

目次

総論
吉川 周平 「神楽研究の方法論序説―南九州の神楽研究から始める呪縛からの脱出―」
第1部 神楽の諸相
渡辺 伸夫 「壱岐神楽の宿借り曲「山入舞」をめぐって―神楽改革の視点から―」
三村 泰臣 「中国地方の神楽の諸相と課題」
梅野 光興 「四国西部の神楽の演目」
茂木  栄  「奥三河古戸の山と里の神楽」
久保田裕道 「花祭の儀礼構造―大神楽との比較の中で―」
高山  茂 「番楽研究における課題三点について」
松原 武実 「甑島の内侍舞とその周辺」
第2部 音楽学からのアプローチ
小島 美子 「神楽の基本的性格と楽器編成」
松永  健 「神楽の音楽に現れる三拍子と混合拍子について」
入江 宣子 「福井県丸岡町長畝の日向神楽」
樋口  昭 「椎葉神楽の音楽的一断面」
第3部 神楽をめぐって
萩原秀三郎 「『神楽の諸相』に寄せて」
星野  紘  「神懸りと芸」
宮田 繁幸  「神楽の文化財指定」
あとがき

閲覧・入手方法

当センター閲覧室や、各地の図書館・研究機関にて閲覧いただけます。また、頒価1300円にて有償頒布しています。詳しくは出版物の閲覧および入手の方法のページをご覧下さい。

発行年月日:
2009/03/31
定価:
税込 ¥1,300
在庫:
編集・発行所:
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
公開:2009年04月16日  最終更新:2018年04月06日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ