京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究員・スタッフ

教授

藤田 隆則Takanori Fujita

研究分野:
民族音楽学
コメント:
能をはじめとする日本の中世芸能および宗教儀礼の、音楽的側面を中心とした様 式研究、および、古典音楽・芸能の伝承・教授システムの研究。
日本の古典芸能や儀礼を比較学的観点から理解するため、海外の芸能にも目を向 けるように心掛けています。

略歴

1961年山口県生まれ。
大阪大学文学部美学科卒業(音楽学専攻)。
大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退(音楽学専攻)。 
京都大学人文科学研究所助手、大阪国際大学人間科学部助教授、ミシガン大学日 本研究センター招聘教授等をへて、2005年より京都市立芸術大学日本伝統 音楽研究センター助教授(=准教授)。 2012年より教授。

主な業績

 

◇ 研究書(単著) 『能の多人数合唱』ひつじ書房、2000年。
『能の地拍子研究文献目録』科研成果報告書、2006年。
『能のノリと地拍子』檜書店、2010年。
◇共編著 『日本の伝統音楽を伝える価値―教育現場と日本音楽』京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター、2008年。
『歌と語りの言葉とふしの研究』京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター、2012年。
◇ 研究論文(単著)等 「『のる』ことの作法―能の専門用語から見えるもの」『季刊人類学』19巻1号、1988年。
「古典音楽伝承の共同体―能における保存命令と変化の創出」福島真人(編)『身体の構築学』ひつじ書房、1995年。
「楽劇としての修羅能―『平家の物語』を演じる」山下宏明(編)『軍記語りと芸能』汲古書院、2000年。
“Continuity and Authenticity in Japanese Traditional Music,” In Robert C. Provine, Yosihiko Tokumaru and J. Lawrence Witzleben (eds.) The Garland Encyclopedia of World Music, Vol. 7: East Asia. (New York; London: Routledge, 2002), translated by Hugh de Ferranti.
「ガンサはどのように鳴り響いているか?―フィリピン・ルソン島山岳地域にて」水野信男(編)『民族音楽学の課題と方法』世界思想社、2002年。
「歌舞が儀式的なものとなる機構―西浦田楽にみられる『離脱』と『放置』」菅原和孝(編)『身体資源の共有 資源人類学9』弘文堂、2007 年。
“No and Kyogen: music from the medieval theater,” In Alison McQueen Tokita and David W. Hughes (eds.) The Ashgate Research Companion to Japanese Music. (Aldershot, England: Ashgate Publishing Ltd., 2009), translated by Alison McQueen Tokita.
「日本の古典音楽・芸能における身体への集中―型の具体性」菅原和孝(編)『身体化の人類学―認知・記憶・言語・他者』世界思想社、2013年。

公開:2018年03月05日 最終更新:2018年03月12日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ