京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究活動

2015年度 共同研究
近代上方の歌舞伎音楽

研究代表者名

竹内 有一  Yuuichi Takeuchi

共同研究者名

前島美保(コーディネーター、日本学術振興会特別研究員)

大西秀紀(京都市立芸術大学非常勤講師)
小西志保(竹内研究室研究嘱託、演奏家)
齊藤尚(京都市立芸術大学学芸員)
竹内道敬(元 国立音楽大学教授)
武内恵美子(京都市立芸術大学准教授)
土田牧子(東京芸術大学非常勤講師)
配川美加(東京芸術大学非常勤講師)
吉野雪子(国立音楽大学非常勤講師)

研究の趣旨(目的・意義・特色など)

上方(関西)の歌舞伎とその音楽は、その地域的特色が失われつつあるとされるが、そもそも上方(関西)ならではの特色とはどのようなものなのか、それを歌舞伎音楽の現場で生かしていく方策はあるのか、といった課題を、研究者や実演家への取材、新聞や雑誌等に記された芸談、音源資料等を軸にして考える。

成果の公開方法

伝音セミナーで成果の一部を活用(前島)、公開研究会の主催、紀要への原稿掲載などを検討中

備考

公開:2015年04月22日 最終更新:2018年03月19日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ