京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究活動

2021年度 共同研究
下京・大学から発信する日本音楽研究

研究代表者名

竹内 有一  Yuuichi Takeuchi

共同研究者名

青木 由貴 (邦楽演奏家)
大西 秀紀 (本学客員研究員)
神津 武男 (早稲田大学演劇博物館招聘研究員、本学客員研究員)
小西 志保 (邦楽演奏家、竹内研究室研究嘱託員)
竹口 等  (京都文教大学名誉教授、崇仁教育連絡会顧問)
常岡 亮  (邦楽演奏家、常磐津協会理事)
細野 桜子 (邦楽演奏家、新内協会正会員)
村井 陽平 (福井工業大学環境情報学部准教授)

研究の趣旨(目的・意義・特色など)

京都・下京および本学の環境から見いだすことのできる日本音楽研究のいくつかの課題について、課題ごとにチームを組み、実践的・実務的な作業を軸に、基礎研究とアーカイブ化を進める。

課題1:常磐津節の昭和期音源資料の調査(2020年度委託研究成果の発展的調杏研究)
課題2:崇仁祭囃子の歴史と伝承(2019~2020年度本学特別研究の発展的調査研究)
課題3::日本伝統音楽に関する江戸期史料の書誌学的研究

成果の公開方法

目録・デジタルアーカイブ等の作成、報告書作成(紀要に掲載)など

備考

公開:2021年04月22日 最終更新:2021年06月10日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2222 FAX 075-334-2300(教務学生課)

©Research Institute for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ