京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究活動

2022年度 共同研究
日本音楽研究における基礎的資料の再検討と新たな活用に向けて

研究代表者名

竹内 有一  Yuuichi Takeuchi

共同研究者名

青木 由貴 (邦楽演奏家、本学音楽学部非常勤講師)
大西 秀紀 (本学客員研究員)
神津 武男 (早稲田大学演劇博物館招聘研究員、本学客員研究員)
小西 志保 (邦楽演奏家、竹内研究室研究嘱託員)
常岡 亮  (邦楽演奏家、常磐津協会理事)
出口 実紀 (大阪芸術大学非常勤講師)
配川 美加 (東京藝術大学非常勤講師)
福持 昌之 (京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課)
細野 桜子 (邦楽演奏家、新内協会正会員)
前島 美保 (東京藝術大学非常勤講師)
村井 陽平 (福井工業大学環境情報学部准教授)

研究の趣旨(目的・意義・特色など)

いくつかの分野における基礎的資料の学術的再検討を行い、日本音楽史の諸課題を考察する。主な課題は下記の通りだが、必要に応じ新たな課題も設定する。課題ごとにチームを組んで調査・研究等の作業を実施する。
*課題1:常磐津家元旧蔵『常磐種』の基礎的研究
*課題2:岸沢三蔵著『老の戯言』の発展的研究
*課題3:日本伝統音楽に関する江戸期史料の書誌学的研究
*課題4:日本伝統音楽研究センター収蔵楽器の基礎的研究

成果の公開方法

目録・デジタルアーカイブ等の作成、報告書作成(紀要に掲載)など

備考

外部資金による報告書(課題1)、紀要に報告掲載(課題2)、目録・デジタルアーカイブ等の作成
(課題3・4)

公開:2022年04月21日 最終更新:2022年06月29日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

600-8601 京都市下京区下之町57-1 京都市立芸術大学
TEL  075-585-2006 FAX 075-585-2019 連携推進課(事業・広報担当)

©Research Institute for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ