京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

第3回公開講座
平家物語の中の音楽 その1 琵琶弾きの経正

平成14年12月7日(土)

日本の伝統音楽とその発展のチラシ

平成14年度第1回公開講座は「「平家物語」の中の音楽 その1」と題して、平成14年12月7日(土)に法住寺の阿弥陀堂を会場にお借りして開催しました。

あいにくの雨天にもかかわらず、往復葉書で申し込まれた熱心な方々約90名でお堂が埋まり、静かに講演と平家詞曲の弾き語りに 耳を傾けました。通常は閉ざされている後白河法皇像の御厨子も、住職のご厚意で特別に開扉していただき、おごそかに名号の流れる開幕でした。

まずはじめに、日本伝統音楽研究センターのスティーヴン・ネルソン助教授が、一ノ谷で没した平家の公達(きんだち)経正に焦点をあて、「琵琶弾きの 経正」と題して講演しました。経正の生い立ちや音楽の手ほどきを受けた相手、琵琶の流儀や秘曲、都を離れるにあたって仁和寺の守覚法親王のところに琵琶の 名器「青山」を返しに行った背景や人間関係についても、新しい考証内容を加えて解説しました。

次に、前田流平家詞曲を全段伝承している新井泰子氏が、琵琶の名手の経正を描いた「竹生島詣」と「経正都落」の段を、ネルソン助教授がそれぞれの曲 目解説や聞き所の説明をした後で演奏しました。配付資料には詞章も記してありましたが、耳から味わう文学と音楽を堪能していただけたかと思います。

講演と演奏が終了した後、法住寺よりぜんざいと煎茶がふるまわれました。美しいお庭を拝見しながら、演奏の余韻をうけて話をする輪があちこちにでき、またの機会を要望する声がありました。

なお、研究センターとしては初の試みでしたが、参加費1500円を納めていただきました。

当日の様子

会場
会場 法住寺

住職
後白河法皇像 開扉  声明を唱える法住寺ご住職

挨拶:吉川教授
挨拶:日本伝統音楽研究センター教授 吉川周平

講演:スティーブン G. ネルソン
講演 「琵琶弾きの経正」 日本伝統音楽研究センター助教授 スティーヴン・ネルソン

説明:スティーブン G. ネルソン
配付資料についての説明

演奏風景
平家詞曲演奏 新井泰子氏

演奏者プロフィール

新井 泰子
新井泰子

上野学園大学在学中に平曲と出会い、1992年全200句を橋本敏江氏より習得、1998年館山宣昭氏より相伝を受く。1995年、お茶の水女子大学大学院修士課程修了。修士論文は「津軽藩における平曲の摂取と伝承」。真言宗豊山派寶玉院にて全句を語り通す会を年5回開くなどの演奏活動をするほか、後継者の育成に努めている。宗教法人寶玉院附属日本伝統音楽研究所所長。NHK文化センター弘前教室・さいたまアリーナ教室講師。

公開:2003年02月04日  最終更新:2018年03月30日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ