京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

第14回公開講座
じょうるり西・東―義太夫節と常磐津節―

平成18年11月15日(土)

じょうるり西東のチラシ

京都市立芸術大学の日本伝統音楽研究センターでは、平成18年度第1回公開講座「じょうるり西・東」を開催します。
この講座では、市民の皆様に日本の伝統音楽に広く親しんでもらうため、伝統音楽の中でも重要な位置を占める「語り物」の代表、浄瑠璃の「義太夫(ぎだゆう)」と「常磐津(ときわず)」を取り上げます。第一線で活躍されている演奏者の方々をお招きし、各々の音楽的特色や構造、楽器の奏法について、詳しい説明やデモンストレーションを交えながら浄瑠璃の魅力とその本質に迫ります。

1 日時

平成18年11月15日(水)
午後2時から午後4時まで(午後1時30分から受付開始)

2 会場

京都府立府民ホール「アルティ」( 京都市上京区烏丸通一条下ル )

3 内容

(1)概説
(2)演奏と解説
(3)演奏 義太夫と常磐津
出演:      義太夫 竹本津国大夫、竹澤団吾
常磐津 常磐津都代太夫、常磐津綱男
解説・司会 : 後藤静夫、竹内有一

4 受講方法

当日会場で受付

5 定員

400名

6 受講料

無料

7 主催

京都市立芸術大学

公開:2007年07月18日  最終更新:2018年04月10日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ