京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

第35回公開講座
黒御簾音楽を探る―芸談と資料研究―

平成25年2月3日(日)

チラシイメージ

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターでは、日本の伝統的な音楽や芸能、その根底にある文化の構造を研究し、その成果の発表と市民の皆様への還元を目的として、第35回公開講座を下記のとおり開催しますので、お知らせします。 今回は、「黒御簾音楽」(歌舞伎の舞台進行を見計らいながら必要な音楽を適確に提供する陰囃子)に焦点を当て、歌舞伎になくてはならない存在でありながら、その継承および研究が困難と言われる所以を、八代目杵屋巳太郎師をゲストに迎え、探ります。皆様のご参加をお待ちしています。

日時

平成25年2月3日(日)午後2時―4時半

会場

京都市立芸術大学 新研究棟7階(合同研究室1)
(京都市西京区大枝沓掛町13-6)
>> 地図/アクセス方法

内容

【第一部】 講演:「黒御簾音楽とその担い手」
土田牧子(東京藝術大学音楽学部非常勤講師)
前島美保(本学日本伝統音楽研究センター非常勤講師)
【第二部】 インタビュー・座談「杵屋巳太郎師にきく」
イメージ ゲスト:
八代目 杵屋巳太郎師(尾上菊五郎部 立三味線)

1983 年、七代目杵屋巳太郎に入門。2013 年 1 月、杵屋巳吉改め八代目巳太郎 を襲名。歌舞伎の菊五郎劇団公演を中心に、出囃子と黒御簾(陰囃子)の両方で中心的演奏者の一人として活躍している。舞台に即して黒御簾音楽を監修する「附師」「舞台師」としても欠かせない存在。2009年第29 回伝統文化ポーラ賞奨励賞などを受賞。
企画構成:竹内有一、土田牧子、前島美保 共同研究「歌舞伎の地方」
司会:竹内有一(本学日本伝統音楽研究センター准教授)

参加費

1,000円

定員

60名(要予約、但し定員に余裕がある場合は当日申込も受付けます。)

お申し込みについて

申込期間 平成25年2月 1 日(金)まで下記申込方法にて受付けます。
定員に余裕がある場合は当日申込も受付けます。
問い合わせ先まで御連絡ください。
申し込み方法 はがき、FAX、電子メールのいずれかの方法により、郵便番号、住所、
氏名、電話番号(FAX番号)、「題目立 公開講座」希望と明記のうえ、
教務学生支援室(事業推進担当)までお申し込みください。
申込先 京都市立芸術大学 教務学生支援室(事業推進担当)
(問い合わせ)
〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6
〔電話〕
075-334-2204
※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
〔FAX〕
075―334-2281
〔電子メール〕
public@kcua.ac.jp
問い合わせフォーム

主催

京都市立芸術大学

公開:2012年12月26日  最終更新:2018年03月29日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ