京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

第39回公開講座
東アジアにおける近代と音楽 
Musical Modernity in East Asia and Composition

平成26年11月20日(木)

English Page
チラシイメージ
PDFチラシをダウンロード

内容

【第1部】 講演
中村典子(作曲家、本学准教授)「作曲家としての東アジア 」
石田一志(音楽評論家)「東アジアの近代音楽文化の形成」
本学所属の作曲家、中村典子氏は日本と東アジアの楽器を使用した作曲と東アジアとの作曲家との交流・協力について、そして、音楽評論家、石田一志氏は東アジア近代音楽文化の形成について、講演していただきます。
【第2部】 レクチャーコンサート
今藤政太郎(重要無形文化財保持者・人間国宝)長唄三味線 聞き手:竹内直(当センター非常勤講師)他
平成25年度に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、京都出身の長唄演奏家(三味線方)今藤政太郎氏は、その認定にあたって現代邦楽の作曲の功績が評価されています。今藤氏の作曲作品を演奏していただくとともに、本学の非常勤講師や大学院生によるインタビュー形式のレクチャーを実施することで、近代以降の長唄における古典と新曲、作曲について考えます。
【第3部】 座談会
中村典子・石田一志・今藤政太郎、司会:武内恵美子(当センター准教授)

日時・会場

平成26年11月20日(木)13:30~17:30(13時 受付開始)
入場は無料、定員50名(申し込み先着順)
会場:下京いきいき市民活動センター
京都府京都市下京区上之町38番地 うるおい館 東棟2階
(京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分、河原町通り塩小路通り交差点より東入る)
いきいき市民活動センター地図
Googleマップで見る

Program
【Part I Lecture】
Nakamura Noriko(Composer; Associate Professor, KCUA):
The composer’s East Asia
Ishida Kazushi (Music Critic) :
【Part II  Lecture Concert】
Imafuji Masatar? (Nagauta shamisen) :
Tradition and Innovation in nagauta music
Performance and discussion in Japanese with Takenouchi Emiko (Associate Professor, Kyoto City University of Arts = KCUA), Takeuchi Nao (Lecturer, KCUA) and Yamaguchi Atsuko (Graduate student, KCUA)
【Part III  Panel Discussion】
Nakamura Noriko, Ishida Kazushi, Imafuji Masatar?.
Anchor: Takenouchi Emiko

公開:2014年10月01日  最終更新:2019年11月12日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ