京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

第44回公開講座
義太夫節 通し狂言の復曲

平成28年3月2日(日)

人形浄瑠璃文楽は、江戸時代以来大正末期まで、物語の発端から上演する「通し狂言」が基本的上演様式でした。 しかし、 昭和初期以降、見取り方式に切り替えられ、それにより、人から人への伝承を失った曲が多くあります。
今回は、復元するための資料を研究者が整備して、 曲の選定や復元の方法等を実演者と共同して進める試みとして、 文楽の豊竹呂勢大夫師・鶴澤藤蔵師にご協力いただき、 『ひらかな盛衰記』序切「粟津合戦の段」の復曲初演を行います。

科学研究費成果報告試演会
この公開講座は、科学研究費助成事業(基盤研究(B)課題番号24320042、
研究代表者 山田智恵子)の成果報告試演会です。

プログラム

■ 座談会 18:00~18:30

出演 後藤静夫(日本伝統音楽研究センター前所長)

竹内有一(日本伝統音楽研究センター准教授)
神津 武男(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)

司会 山田 智恵子(日本伝統音楽研究センター教授)

■ 試演会 18:45~20:00

『ひらかな盛衰記』序切 「粟津合戦段」復曲初演

出演 浄瑠璃/豊竹 呂勢大夫

三味線/鶴澤 藤蔵

■ アフタートーク 20:05~20:30

出演 豊竹 呂勢大夫

鶴澤 藤蔵

聞き手 神津 武男
山田 智恵子

● 出演者紹介

豊竹 呂勢大夫 豊竹 呂勢大夫 (とよたけ・ろせたゆう)
文楽技芸員。 1979年四代鶴澤重造に師事、五代竹本南部大夫に入門、竹本南寿大夫と名のる。 1984年国立文楽劇場で初舞台、1985年五代豊竹呂大夫の門下となる。 1988年豊竹呂勢大夫と改名。 2000年八代豊竹嶋大夫の門下となる。 平成12年2月咲くやこの花賞(演劇舞踏)他、 受賞多数。
鶴澤 藤蔵 鶴澤 藤蔵 (つるさわ・とうぞう)
文楽技芸員。 1976年十代竹澤弥七に入門、研究生となり、祖父、鶴澤藤蔵の前名鶴澤清二郎を名のる。 1978年鶴澤清治門下となる。 1983年朝日座で初舞台。 2011年大阪・国立文楽劇場において二代鶴澤藤蔵を襲名。 平成24年6月平成23年度(第68回)日本芸術院賞他、 受賞多数。

日時

平成28年3月2日(水) 18:00~20:30(予定)

会場

京都芸術センター 講堂
(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)

大きな地図で見る

公開:2016年02月03日  最終更新:2018年03月21日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ