京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

開所記念シンポジウム
今、なぜ日本伝統音楽か
Ways of thinking about East Asian images of Music

平成13年3月10日(水)

この度、平成12年4月に開所した京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターの開所記念シンポジウムを次のとおり開催致し ます。

1 日時

平成13年3月10日(土) 午後2時~午後4時

2 会場

キャンパスプラザ京都 4階 5階第1講義室

〒600-8216
京都市下京区西洞院通塩小路下る (JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側)
TEL 075-353-9111
FAX 075-353-9121

3 内容

(1) 挨拶
西島安則(にしじまやすのり)
京都市立芸術大学学長
(2) 設立の経緯と問題提起
廣瀬量平(ひろせりょうへい)
日本伝統音楽研究センター所長
(3) 記念演奏
「尺八独奏のための鶴林(かくりん)」(廣瀬量平作曲)
山本邦山(やまもとほうざん)
都山流尺八奏者
東京芸術大学邦楽科教授
(4) パネルディスカッション
コーディネーター 廣瀬量平 日本伝統音楽研究センター所長
作品:
「尺八とオーケストラのための協奏曲」(尾高賞受賞) 「みだれによる変容」 「夢幻砧」他
パネリスト 小島美子 国立歴史民俗博物館名誉教授・日本音楽史研究家
著書:
「日本の音楽を考える」 「音楽からみた日本人」 「日本音楽の古層」他
前田昭雄 ハイデルベルク大学教授
専門分野: 音楽学
著書: 「シューマン交響曲への道(独語)他
論文:
「東と西における音楽史の概念」(英文)
「音楽史学としての日本音楽研究」他
専門分野: 建築史・意匠論
井上章一 著書:
「南蛮幻想」(芸術選奨文部大臣賞受賞)
「The 霊柩車」 「つくられた桂離宮神話」他

4 入場料

無料 受付は、当日午後1時30分から会場にて行います。(先着100名)

公開:2001年03月30日  最終更新:2018年04月10日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ