京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

公開講座・シンポジウム

国際シンポジウム
東アジアにおける近代と音楽―データベースを軸として―
Music and Modernity in East Asia: Creating Research Databases

平成26年11月21日(金)

内容

*シンポジウムは全て英語で行われます。

パネリスト
蔡賢卿(チェ・ヒョン・キョン、梨花女子大学校音楽研究センター所長)
王櫻芬(ワン・インフェン、国立台湾大学教授)
Hugh de Ferranti(東京工業大学)
Luciana Galliano(国際日本文化研究センター客員教授)
柿沼敏江(本学教授)
徳丸吉彦(当センター客員教授)
武内恵美子(当センター准教授)
時田アリソン(当センター所長)
今日の「ビッグデータ」時代にあって、データの管理と活用は切迫した課題になっています。音楽研究にとって、芸術資源(楽譜を含む文書類、絵画資料、録音・録画資料、デジタル資料)の収集、保存、研究、および大きく音楽文化遺産の保護継承は、中心的な課題の一つです。 日本の音楽の現状を考えるとき、近代という問題は未だに避けて通ることはできません。日本の音楽の近代は、西洋化の近代でもありました。それは、東アジアの近隣諸国に共通する事象ですが、東アジアにおける近代の音楽は、植民地支配被支配の問題などを含む複雑なテーマです。 伝音センターでは、「東アジアにおける近代と音楽」を一つのテーマに掲げていきたいと考えていますが、この趣旨のもとに、韓国、台湾、オーストラリアにおける音楽研究データベースに関わっている代表的な人物を招聘して、新しい時代のデータベースについて講演し、活発な議論を導いていただきます。

日時・会場

平成26年11月21日(金)10:00~17:30
会場:京都市立芸術大学 大学会館交流室
京都市西京区大枝沓掛町13-6
(大学会館交流室は大学生門入って左側の建物1階)

Program
Speakers
Chae Hyun Kyung (Ewha Women’s University Music Research Centre)Issues in the Development of the Database for Research in Modern East Asian Music;
Wang Yingfen (National Taiwan University Graduate Institute of Musicology) The Music and Performing Arts Database of Taiwan Daily News, 1898-1944;
Hugh de Ferranti (Tokyo Insutitute of Technology)
Tokumaru Yosihiko (Guest Professor, RCJTM) Building music research networks in East Asia;
Luciana Galliano (Visiting Professor, International Reaserch Centre for Japanese Studies) Music as Representation:. Japan, Fluxus and the Fludisation of Art;
Kakinuma Toshie (Professor, KCUA) An Oral History of Fluxus;
Takenouchi Emiko (Assosiate Professor, RCJTM) RCJTM’s collections, databases and research agendas;
Alison Tokita (Director, RCJTM) Musical modernity and shared research agendas in East Asia.
In the computer age of “big data” issues of data storage, management, and use present challenges for research institutes around the world. The symposium will address these pressing issues, focusing on the approaches being developed for the purpose of music research in the East Asian Region. It will explore new possibilities for collaborative research projects and data sharing, particularly for research into musical modernity, a research theme that has been hindered by the colonial legacies in the region, but which is essential to our understanding of contemporary music culture, and the relative positioning of traditional and western music in these societies.

公開:2014年10月01日  最終更新:2018年03月30日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ