京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

令和元年度 第6回伝音セミナー
近代日本の「医」と「音楽」

令和元年 10月3日 木曜日

講師:
光平有希(国際日本文化研究センター〔機関研究員〕) コーディネーター:武内恵美子

治療に音楽を用いる、いわゆる音楽療法の実践が日本で花開いたのは明治時代。前近代より根付いていた東洋的身体・音楽観を発展させつつ、近代日本医療では音楽療法が積極的に導入されていきました。今より格段に医療技術が未発達の明治~昭和初期の病院。そこで、医学や病と対峙する医療従事者は音楽に何を求め、どんな音楽が闘病生活を送る患者に寄り添ったのでしょう。当時の病院で実際に用いられた音源や再現演奏を交えつつ、ご紹介していきたいと思います。

開催日
令和元年 10月3日 木曜日
時間
14時40分〜16時10分
講師
光平有希(国際日本文化研究センター〔機関研究員〕) コーディネーター:武内恵美子
会場
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2019年10月02日 

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ