京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

令和2年度 第2回 Online伝音セミナー
「真宗高田派に息づく天台声明」

令和2年 7月20日 月曜日 13:00~14:30

講師:
鷹阪龍哉(龍源寺住職・大学院音楽研究科日本音楽研究専攻第1期修了生)  聞き手:田鍬智志(日本伝統音楽研究センター)

声明(しょうみょう)とは、経論の偈文の一部などを、旋律にのせて唱える仏教声楽で、各宗派が独自の声明を伝承しています。天台宗と天台宗を母体とする諸宗派では、永く天台声明が唱えられてきましたが、天台以外の諸派では、次第に独自の声明が盛んになり天台声明の伝統が失われている宗派すらあります。しかし真宗高田派では今なお天台声明を日常勤行・法要等で唱えています。今回は京都太秦にある真宗高田派龍源寺を訪ね、ご住職の鷹阪龍哉師に、天台声明の魅力、父や師の思い出、伝承曲のこと、節まわしの特徴など、実演を交えてお話しいただきます。


ご注意:今回の伝音セミナーはセミナーはライブ配信となりますので、会場での聴講はできません。
日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rijtm/を通じてライブ配信を行います。(FaceBookアカウントを持っていない方で
も閲覧可能です)

開催日
令和2年 7月20日 月曜日
時間
13:00~14:30
講師
鷹阪龍哉(龍源寺住職・大学院音楽研究科日本音楽研究専攻第1期修了生)  聞き手:田鍬智志(日本伝統音楽研究センター)
会場
今回の伝音セミナーはセミナーはライブ配信となります 日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rcjtm/を通じてライブ配信となります(FaceBookアカウントを持っていない方も閲覧可能です)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2020年06月25日  最終更新:2020年07月07日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Institute for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ