京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

令和2年度 後期 第7回 Online伝音セミナー
「雅楽《越殿楽》のなぞ」

令和3年 3月11日 木曜日 午後2時40分~午後4時10分

講師:
田鍬智志(日本伝統音楽研究センター准教授)

越殿楽といえば、雅楽の中で最も知られている一曲でさまざまな場面で耳にする機会のおおい曲ですが、実に奇妙な曲です。この曲は、古典雅楽曲のなかでは最も「小規模な曲」というだけでなく、「平調、盤渉調、黄鐘調」の3つもの調で演奏され、かつ、「最後まで演奏したあと最初にかえって曲の途中で終わる」という特殊な形式となっています。なぜこのような他の曲にはない特徴がこの曲にだけみられるのでしょうか。その歴史を紐解いてみましょう。

ご注意:今回の伝音セミナーはライブ配信となりますので、会場での聴講はできません。
日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rijtmを通じてライブ配信を行います。(FaceBookアカウントを持っていない方で
も閲覧可能です)

開催日
令和3年 3月11日 木曜日
時間
午後2時40分~午後4時10分
講師
田鍬智志(日本伝統音楽研究センター准教授)
会場
今回の伝音セミナーはライブ配信となります 日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rijtmを通じてライブ配信となります(FaceBookアカウントを持っていない方も閲覧可能です)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2020年11月12日  最終更新:2020年11月19日

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Institute for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ