京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

伝音セミナー

令和3年度 後期 第7回 Online伝音セミナー
平等院鳳凰堂に響く天上の音楽

令和4年2月17日 木曜日 午後2時40分~午後4時10分

講師:
渡辺 信一郎(日本伝統音楽研究センター所長)

宇治の平等院鳳凰堂には、創建以来の阿弥陀如来坐像のほか、壁面には木造の雲中供養菩薩像52体が残っています。供養菩薩の多くは、手に様々な楽器を持ち音楽を演奏しています。平等院鳳凰堂に満ちあふれる天上の音楽は、どのような音楽なのか。楽器の編成に注意しながら、阿弥陀如来とともに耳をすまして聴いてみることにしましょう。

ご注意:今年度の伝音セミナーはライブ配信となりますので、会場での聴講はできません。
日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rijtmを通じてライブ配信を行います。(FaceBookアカウントを持っていない方でも閲覧可能です)

開催日
令和4年2月17日 木曜日
時間
午後2時40分~午後4時10分
講師
渡辺 信一郎(日本伝統音楽研究センター所長)
会場
今回の伝音セミナーはライブ配信となります 日本伝統音楽研究センターFacebookページhttps://www.facebook.com/kcua.rijtm/を通じてライブ配信となります(FaceBookアカウントを持っていない方も閲覧可能です)
申し込み
不要
参加費
無料
問い合わせ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当 電話075-334-2204 問い合わせフォーム

公開:2021年11月11日 

過去の伝音セミナー

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2222 FAX 075-334-2300(教務学生課)

©Research Institute for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ