京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

 

研究報告

近世日本と楽の諸相
日本伝統音楽研究センター研究報告12

日本伝統音楽研究センターでは、日本伝統音楽研究センター研究報告12「近世日本と楽の諸相」(武内恵美子 編)を出版いたしました。

内容

まえがき 武内 恵美子
第一部 言説と実践
荻生徂徠の残響―太宰春台·堀景山·水谷博泉·乳井貢·山県大弐·帆足万里の「楽」言説を巡って― 小島 康敬
弘前藩における楽実践 武内 恵美子
毛利壺邱の『楽道筆記』と催馬楽復興 遠藤 徹
神山長広について 山田  淳平
第二部 楽律論の展開
豊田市中央圖書館蔵安倍季良撰抄本 『律呂』について-解題及び『山鳥秘要抄』諸伝本との比較- 明木 茂夫
鈴木蘭園の楽律論―『律呂辨説』を中心として 榧木亨
荻生徂徠の『楽律考』『楽制篇』並びにその楽律論の継承と影響(その一 、荻生北渓) 山寺美紀子
朱載堉の円周率と荻生徂徠 小林龍彦
第三部 文人と楽
琴士の系譜-鈴木修敬·村井琴山、浦上玉堂― 高橋 博巳
楽人東儀文均と文人社会―江戸末期三方楽所楽人と文人社会の関わり方の一例として- 南谷 美保
長崎歴史文化博物館蔵『書翰集』について 唐 権
第四部 東アジアの楽の諸相
中国の百戯と古代日本の相撲儀礼―その芸能および左右近衛府について 平間 充子
朝鮮時代後期における儒学者の「琴」認識―七弦琴〈唐琴、儒琴〉と玄琴をめぐって- 平木 實
開皇楽議略論―隋朝雅楽の成立とその政治過程 渡辺信一郎
著者一覧
共同研究会開催一覧

当センター閲覧室や、各地の図書館・研究機関にて閲覧いただけます。また、頒価2000円にて有償頒布しています。詳しくは出版物の閲覧および入手の方法のページをご覧下さい。

発行年月日:
2019/03/31
定価:
税込 ¥2,000
在庫:
編集・発行所:
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
公開:2019年04月25日  最終更新:2019年05月01日

京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター

610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学新研究棟6・7・8階
TEL 075-334-2240 FAX 075-334-2345(教務学生課 音楽教務担当)

©Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts.

ページ先頭へ